通夜・告別式とは

仏式の法事・法要の流れを詳しくご紹介しております。返礼品、お香典返し準備などにご参考下さい。

通夜・告別式とは

【通夜と告別式の違い】

通夜とは‥‥遺族と本当に親しかった人たちが最後のお別れをする、ごく私的な席のこと

告別式とは‥故人と生前親しかった人たちが最後の別れを告げる公の儀式のこと

通夜

亡くなられた方を葬る前に、親類や知人が集まって、ひと晩過ごす通夜。昔の通夜は、遺族や近親者のみで、夜を徹して枕頭(亡くなられた方の枕もと)で行われたので”通夜”というようになりました。

しかし、現代では”半通夜”といって、午後6時〜7時ごろからはじまって午後9時ごろに終わるのが一般的なようです。 ですので、仕事の都合などで通夜のみ参列する方が多くなるケースも増えています。

通夜が終わった後、残った遺族や近親者は、ロウソクや線香を絶やさずに交代で遺体を一晩中守ります。故人と親しかった人は、知らせを受けたら原則として通夜の弔問にかけつけるのが礼儀といえるでしょう。

告別式 

葬儀の後か、或いは葬儀の代わりに行われるのが告別式。故人に最後の別れを告げ、参列者・社会に挨拶をします。 現在では葬儀と告別式を同時に行うようなスタイルが主流となっています。葬儀・告別式乃場合は、友引と重ならないようにします。なぜなら、通常の場合は友引は火葬場は休みとなっていることが多い為です。

【通夜・関連用語】

通夜ぶるまいとは

通夜の後で、弔問客に対するお礼と故人に対する清めの意味を込め喪家がお酒やお寿司、つまみなどの軽食をふるまうことをいいます。弔問客は特に用事がなければ、通夜ぶるまいを受けるようにしましょう。

通夜返しとは

お通夜の際、通夜振る舞いの食事に出席されなかった方に渡す返礼品の事です。

通夜返しに商品一覧ページ


法要の日程

仏教の場合、「追善法要」というふうに、亡くなってから七日ごとに法事・法要があります。

通夜・告別式

通夜はご逝去された当日か翌日の夜に遺族や親族等で行われます。 その後、告別式(お葬式・葬儀)が行われます。

初七日

命日も含めて7日目に行うのが初七日です。現在では葬儀の日の遺骨迎えの儀式と合わせて行うことも多くなっています。

七七日(四十九日)忌

49日目は別名「満中陰」「大練忌(だいれんき)」と呼ばれ、この日が忌明けとされます。四十九日法要を営み、香典返しを送ります。

法要もっと詳しく

年忌法要

亡くなってから、定められた年ごとに行う供養の法要のことを言います。
年回忌(ねんかいき)、年忌法要(ねんきほうよう)ともいいます。

一周忌(満1年)

亡くなってから一年目を一周忌と呼び、法要を行います。一周忌法要は、キリスト教式・神式では一年祭と呼びます。一回忌という場合も。

三回忌(満2年)

3回忌とは亡くなってから満2年に行う法要です。特に3回忌からは回忌という数え方になりますので、注意が必要です。

七回忌(満6年)

遺族・親族で供養する事が多いです。7回忌法要以降は徐々に小規模にしていくのが一般的です。

年忌法要もっと詳しく

通夜返しにおすすめの弔事ギフト

弔事ギフトですので、形に残らず、よく使われるモノが好まれます。お茶・海苔・調味料・お菓子などの食品を中心に、タオル・シーツ・石けん、洗剤などもよくご利用頂いております。最近ではカタログギフトも人気です。一周忌におすすめの弔事ギフトとカテゴリーをご紹介いたします。 1個から大量配送までインターネットでカンタンに注文していただけます。